生物選択でも旧帝医学部に行ける!

マイナーな生物選択者がいかにして旧帝大医学部医学科に合格したかを語るブログ

記事一覧

ご訪問いただきありがとうございます。

このブログは、医学部受験界において比較的マイナーである生物選択者である筆者がどのようにして旧帝医に合格したかを語るものです。

(※旧帝医:北大、東北大、東大、名大、京大、阪大、九大の医学部医学科のこと)

受験体験記から勉強法、大学生活の雑感まで様々なことを書こうかと思います。

 

記事一覧は続きからどうぞ。

続きを読む

物理と生物どっちにする?

こんにちは。勉強漬けのLightです。

今日は物理選択と生物選択のメリット、デメリットについて、生物を取った人の目線からお伝えしようと思います。

生存者バイアスかかりまくりですのでご注意ください。

なお、この記事は理科2科目選択で、もう一つは化学を取ることを前提に書いています。

 

 まず単純な物理/生物のメリットデメリットはというと、

  • 物理

満点を取りやすい。理系のスタンダードなので参考書の数が充実している。数Ⅲに強くなる(らしい)

連問になっていることが多く、最初で間違えると0点になりやすい。伸びない人は本当に伸びない(ごく一部)。

  • 生物

成績が安定する。入学後の勉強はちょっと楽。実験考察に強くなる(→研究で役に立つ)。

受験できない学部が多い満点が取れない。参考書が少ない。自己採点しづらい。

 

ぱっと思いつくのはこのくらいです。

これを見ると、医学部受験のような高偏差値ゾーンでは物理選択の方が有利であることがわかります。物理の欠点は勉強すればするほど克服されますが、生物の欠点は勉強しても克服されないからです。

 

では医学部受験者は全員物理を取るべきなのか?一部の医学部では物理を必須にしていますが、私は物理も生物もそう変わらないと思います。

なぜなら物理と生物の難易度は比較できないからです。

よく「生物では習ってない問題が出るから激ムズ!!」とか言ってる人がいますが、そいつは確実に生物勉強してないです。

そもそも生物は「今わかっている知識を元に、わかってない知識を実験によって解明する」科目です。大学側も生物選択のくせして実験考察もできんような奴など取りたくないのです。

物理を取ったならば公式や原理の本質を理解しなければならないように、生物を取ったならば実験考察をできるようにならなければならない。習っている、いないの話ではない。それなのに実験考察を飛ばして答えにたどり着こうとした挙句、「全然わからん!」などとのたまうのはアホの極みです。

国語と数学どちらが難しいかを論じることができないように、物理と生物もどちらが難しいかを言うことはできません。人によって向き不向きがあるし、どちらを選んだにせよ勉強しなくてはならないからです。

わかったらさっさとテキストを開いて勉強してください。

 

ちなみに私は物理の入試問題など一問も解けないので、どの大学が物理より生物の方が難しいかはわかりません。

物理の方は伝聞でしかありませんが、東大、京大は大して変わりません。物理が簡単な年は生物も簡単であることが多いです。

阪大は生物の方が難しそうです。ですが阪大の生物はとても良質な実験考察問題を出してくるので、生物選択者はぜひ解いてみてください。

 

 

物理にするか生物にするかとても迷っている人へ。

まず自分がどの大学、どの学部に行きたいのかをよくよく考えてください。生物を選ぶと選択肢が狭まります。

教科書を見たり、先輩や教師に話を聞くなどして、情報をできる限り集めてください。そして最後は必ず自分で決めてください。どちらを選んでも勉強は必要です。後悔のないように。

 

物理を取った人へ。

大学では生物選択者に物理を教えてあげてください。

生物選択者は女の子が多いし仲良くなれるチャンス!!

 

生物を取った人へ。

自分の選択に自信がなくなる時はたくさんあると思います。物理をとればよかったと思うこともあると思います。ですが隣の芝は青く見えるものです。物理には物理なりの苦労があります。

それに、生物を取ったということはそれなりに生物への興味があるはずです。生物はとても面白く、神秘の詰まった学問です。ぜひ受験勉強の中で、その神秘の一端に触れてもらいたいです。

生物を見るのも嫌になった場合は物理に変えましょう。物理の参考書は充実しているので独学でもなんとかなります。それでも生物で学んだ内容は決して無駄にはなりません。気合があればなんでもできます。

 

みなさんが悔いのない選択をできますように。

 

参加してます。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ
にほんブログ村

学力が伸びる生徒あるある

こんにちは。ちっとも勉強が捗らないLightです。

長く苦しい医学の勉強の息抜きに、自分が塾講師をしていて思ったことを述べていこうかと思います。

その名も、「学力が伸びる生徒あるある」〜!イエ〜!

早速見ていきましょう!

  

あるあるその① “勉強量が段違いに多い”

当然すぎてあるあるも何もって感じですね。ですが意外と奥が深い。

割と多くの人が、頭が良い生徒は生まれつき頭が良いのだと思っています。しかしそれは間違いです。

難関大に受かる生徒は軒並み勉強量が多いです。私が授業で「最近どんな勉強してんの?」と聞くと、大体の生徒は「えっと、学校の課題やって〜、あとは……」と答えに詰まっていますが、賢い生徒は「〇〇やって、△△やって〜」とたくさんの教材名がスラスラ出てきます。勉強にかけている時間が絶対的に多いです。

自分の才能のなさを嘆く前に、まず手持ちの問題集を3周してほしいですね。

 

あるあるその② “同じ問題集を繰り返し解く”

これ意外とみんなやらないんですよね〜。問題集1周したら頭に入ってるとでも思ってるんでしょうか。人間そこまで頭良くありません。例外はいますが

東大主席の弁護士の方が「教科書を7周読むだけで合格した」みたいなことをおっしゃっていて物議を醸していたのですが、私は一理あると思います。7周ですよ、7周。できますか?私は医学書7周はとても読めません。

しかし、自戒も含めて、本当に好成績を取りたいのなら7周とは言わずとも最低限3周は同じ問題集を解くべきです。1周終わっただけではその問題集の半分も頭に入っていません。わかったらもう一回同じ問題集をやりましょう。

余談ですが、私も塾では同じ問題集をもう一度扱うなんてことはしません。塾では新しいことを教えるべきだからです。しかし生徒の皆さんは自宅でもう一度同じ問題集を解き直してきましょう。

塾講師は基本的に、「一度教えた内容は頭に入っている」ことを前提として授業を進めています。塾の授業という貴重な時間で復習をしている分だけ、我々が新たな知識を提供する時間が少なくなっていきます。

書いてて非常に耳(もとい目)が痛くなる内容ですね

 

あるあるその③ “宿題をやってくる”

これは賛否両論あると思いますが、私は宿題をやってくる生徒の方が伸びがいい印象を受けます。

塾の先生の立場から言わせてもらうと、別に生徒を支配しようと思って宿題を出しているわけではないんですよね。なので計画を立てて自主学習ができる子に関しては、私はあまり積極的に宿題を出していません。こういう子は自律的な学習姿勢が備わっているので、ガチガチの宿題を出すとかえって勉強の妨げになってしまう場合もあります。

しかし、塾に来る生徒の大半はそのように自分で計画を立て、自分を律して勉強することができていません。だから我々は面倒ではありますが宿題を出しているわけです。

単語帳も文法問題集も計算ドリルも、それを身につけないと今後の学習に支障が出るから「やってこい」と言うわけです。必要に迫られて出している宿題をやってこないなど論外です。

「宿題がなければいいのにな」って思ってる人いません? 我々も必要がなければ出しません。早く「宿題を出さなくてもいい」レベルにまで到達してください。

ところで、一部の先生には意味があるのかわからない宿題を出す人もいます。最たる例は教科書の内容をノートにまとめてこい、とかですね。このような宿題を出す教師のことを私は軽蔑していますが、しかし生徒としては極力やる努力をするべきだと思います。理由は2点です。

その1:理不尽に耐える練習になるから

世の中全て最高効率のやり方で話が進むわけではありません。理不尽なことだらけです。大人になって、この理不尽経験値が足りないと心が折れます。耐えられるようなら耐えましょう。

その2:教師の心象が悪くなると困る(ことがある)から

いわゆる内申点ってやつに響きます。貴方が高校入試のある中学生なら、プライドを捨ててでも教師に媚を売りましょう。貴方が高校生で、推薦やAO入試を受ける予定がある、または大学で奨学金が必要ならば、教師に媚びましょう。それ以外の人は好きにしてください。

 

おまけ

あるあるその④:素直である

受験生は賢ければ賢いほど、素直さが失われやすいです。

私は受験時代にストレスが溜まりすぎて、本来天真爛漫(?)だった性格が一気に捻くれてしまいました。先生の言うことは良くて半分、悪くて四分の一しか耳に入っていませんでした。「どうせ自分の方が賢いし」と。

今思えば勿体無かったなと思います。確かに私はとても賢かったかもしれませんが、教師だって伊達に教師をしていないのです。“教える側”から見る景色は、“教わる側”から見る景色とは全く違います。特に学校のベテラン教師や、塾、予備校の講師(特に正社員)など受験のプロです。絶対に貴方が知らないことを彼らは知っています。もっと彼らから情報を引き出しましょう。

ちなみに、今の私はそこまで学歴で人を見下すことはないので、やっぱり受験のストレスは人間を変えてしまうものなんですね。恐ろしや。

 

受験生、非受験生問わず、質問募集中です。お気軽にどうぞ。

 

参加してます。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

センターで爆死した君へ

こんにちは。先日センター試験がありましたね。

受験者の方は本当にお疲れ様でした。会場の雰囲気も独特で緊張したことと思います。

さて、皆さん結果はどうでしたでしょうか。

良かった人はこのまま気を引き締めて二次試験まで突っ走ってほしいのですが、このページをご覧になっているということはおそらくあまり結果が良くなかったのだと思います。

そんな皆さんに私から伝えたいことがあります。決して慰めでも根性論でもなんでもありません。出願先を決める一助になればと思って書かせていただきます。

 

私は現役、そして浪人でもセンターの結果があまり良くありませんでした。ボーダーが92~94%前後なのですが、私の結果は現役でも浪人でも90%前後。センターリサーチの結果もD判定、C判定で、やや不安が残りました。

判定が目に見えて出ると、センターの点数ですでに合否があらかた決まっているような気もしてきて不安になりますよね。

ですが、受験はセンターだけではありません。

皆さんに絶対やってほしいことがあります。それは、

 

  1. 志望校の合格最低点を調べる
  2. 最低点から今の自分のセンターの点数(圧縮後)をひく
  3. 二次試験での各科目の目標点を書き出す
  4. 仮にセンターで目標点を取れた場合、今より何点上だったのかを確かめる(←これ大事)

 

志望校を下げるにしても、まずこれだけはやっていただきたいです。

思ったより絶望的な点差は生まれないことがわかります。(特に京大は爆死しても5点程度の差しか生まれないこともザラにある)

仮に圧縮後、自分のセンターの目標点より10点低かったとします。

貴方がこれから1ヶ月死ぬ気で勉強しても、その10点差はひっくり返せないものでしょうか。

10点というと、大学や学部にもよりますがだいたい数学の小問1個分、理科の小問2個分です。

どうでしょうか。思ったより現実的なラインではないでしょうか。

 

その10点差をどうあがいてもひっくり返せない、もしくは諸般の事情で浪人が絶対に許されない場合には、志望校を下げることを考えてみてください。

ですが、「ん? これいけるかも?」と思った場合、安易に志望校を変更するのにはストップをかけたいです。

なぜかというと、

 

・偏差値的にはレベルが低くても、問題の相性などで思ったより解けない場合がある

・志望校を下げると油断することがある

・行きたくない大学に通うのは精神的に苦痛

・将来的に学歴コンプを発症する恐れがある

 

という理由からです。

私は同じ失敗にしても、チャレンジして砕けた方が、諦めた時より立ち直りが早いし、その分深みのある人間になれると思います。

「本当はあの大学に行きたかったな…」という後悔はしてほしくありません。

センターでどうあがいても挽回不可能な点差がついたり、事情で浪人できなかった、といったどうしようもない理由があれば、その後悔に対して、いつか

「でも、あの時はこうするしかなかった。今の自分が置かれた環境で頑張ろう」

と思える時が来ます。これは二次試験に落ちてしまった場合も同じです。

ですが、ただ不安や今の状況から逃げたいがために志望校のレベルを下げてしまうと、将来的に「もしあの時諦めていなければ…」というありもしない可能性を探してしまうかもしれません。

その後悔は本当に苦痛です。

皆さんには後悔しない選択をしてもらいたいと思います。

 

センターで思ったより点数が取れないのは本当に辛いですし、先が見えない暗闇の中を進まなくてはいけない気分になるかもしれません。

しかし、現実をよく知って、その対処法を冷静に考えれば、自ずとどうすればいいかが見えてくるはずです。

たくさん泣いたら、涙を拭いて前を見てください。そして、自分の心に、本当はどうしたいのかを聞いてみてください。

きっと、そこに答えがあるはずです。

 

参加してます。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

記事一覧

ご訪問いただきありがとうございます。

このブログは、医学部受験界において比較的マイナーである生物選択者である筆者がどのようにして旧帝医に合格したかを語るものです。

(※旧帝医:北大、東北大、東大、名大、京大、阪大、九大の医学部医学科のこと)

受験体験記から勉強法、大学生活の雑感まで様々なことを書こうかと思います。

 

記事一覧は続きからどうぞ。

続きを読む

浪人で学力は上がるのか

お久しぶりです。約1年ぶりの更新ですね。

1年の間にだいぶ医学生らしいことを勉強した気がします。

 

 

浪人するかしないかを迷う時に、誰もが考えるのが「本当に成績が伸びるのだろうか」ということだと思います。

私も考えたことがあります。「浪人したけど本当に学力が上がったのだろうか」と。

 

私はずば抜けて頭がいいわけでもなかったので、現役の時の模試の最高判定はC(合格確率約50%)でした。他はだいたいDとかEでした。

そして浪人の時の模試でも、B判定やA判定を取れたことは一度もありませんでした。だいたいC判定、たまにDとかEも取ってました。

また、受験後の点数開示でも、数学以外は現役と浪人で点数がほぼ変わりませんでした。

 

そう考えると、浪人しても私の学力は特に上がっていないように思われるかもしれません。

ですが、それは大きな間違いです。

成績の振れ幅が小さくなっているからです。

 

ある大学にAさんが合格してBさんは不合格になったとします。

Aさんは仮に10回受けても全て受かっていたでしょうか。Bさんは全て不合格だったでしょうか。

違います。

よほどAさんが化け物じみた頭の良さでない限り、Aさんは10回受けたら1回くらいは落ちていると思います。逆に、Bさんがよほど高望みしすぎていない限り、Bさんは1回くらいは受かっていると思います。

 

成績には振れ幅があります。その振れ幅を決定するのはその日のコンディションだったり問題との相性だったり色々ですが、とにかく調子のいい時と悪い時が存在します。

ある程度勉強してくると、「自分はもうこれ以上の点数は取れない」というラインが見えてくると思います。そのラインは振れ幅の上の限界を決めています。

では、その頭打ちになった科目は、それ以上勉強したところで伸びないのか、というとそんなことはありません。まだ、「振れ幅を小さくする」、つまり安定していい成績を取れるようにするという作業が残っているからです。

 

合格、不合格は確率です。上下方向に一定の幅を持った学力という名のグラフがあって、受験という1回の試行で、そのグラフ上にランダムに点(成績)が1個打たれます。その点が合格ライン上にあれば合格ですし、なければ不合格です。

受かる確率を上げるには、グラフの最大値を高くするのも大事ですが、それと同時に最低値も高くしなければなりません。

目立つのは最大値の方です。最大値は目に見えるからです。だから最大値が上がっていないと、「自分は学力が上がっていないのではないか」という不安を抱きます。

最低値は目に見えません。そもそも最低値は体調不良などのアクシデントでどこまででも低くなりえます。しかしそのアクシデントがあったとしても、受かる確率を少しでも高くしてくれるのが勉強です。

 

よほど勉強法が間違っていない限り、勉強すれば学力は上がります。

浪人しても成績は一見伸びていないように見えるかもしれません。しかし、1年間の勉強によって学力の最低値は確実に上がっています。それによって受かる確率も変わります。

現役時の私の学力で10回中2回受かるとしたら、浪人した私の学力では10回中5回は受かるようになったはずです。

受験生の皆さんは、目に見える成績に惑わされず、受かる確率を上げるんだという意識を持ってコツコツ勉強に励んでほしいと思います。

 

もうすぐセンター試験ですね。体調に気をつけて頑張ってください。

 

参加してます。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

大学ごとの過去問の特徴 その①

こんにちは。

色々立て込んでいてすっかりブログを放置してしまいました。

今日は私が過去問を解いたことのある大学について、その過去問の特徴を私の主観に基づいて書いていこうと思います。

今回は京大と東大。

 

その1、京都大学

京都大学(理系) (2018年版大学入試シリーズ)

京都大学(理系) (2018年版大学入試シリーズ)

 

 生物の問題としては最も難しいと言われている。確かに難しい。

実験考察問題が非常に良質で、知識を固めた上でリード文を完全に理解し、複数の結果をリード文に与えられたヒントに基づいて読み解くことが求められる。研究者が欲しいという京大の思いが見てとれる。

東大や京大の実験考察問題は生物の問題を解くというよりは論理パズルを解いている感覚である。生物の諸事象を知識として丸暗記するのではなく、そのメカニズムを理解することが重要。(これは大学に入ってからの勉強にも同じことが言える)

空欄補充や典型記述問題も大問のうち約3分の1を占めるので欠かさずに取ること。しかし他大に比べて(問題数的に)知識問題の比重が低いので、京大の問題ばかり解いていると知識がおろそかになってくる。定期的に資料集を見直すようにしよう。

考察量も記述量もありえないくらい多いので、問題の取捨選択をしっかりと考えること。

どうあがいても満点は取れない。医学部受験者でも7、8割取れているかどうか。8割と9割の間には見えないが分厚い壁がある。

教◯社はさっさと京大の生物25カ年を出せ!!

分野としては遺伝子、体内環境、発生、刺激と応答、進化(と系統)が特に多い印象。進化はまだ解きやすい問題が多いが、遺伝子は考慮する要素が多いため難問になりがち。

 

その2、東京大学

東大の生物27カ年[第6版] (難関校過去問シリーズ)

東大の生物27カ年[第6版] (難関校過去問シリーズ)

 

 難しさで言えば京大には劣る、というより解きやすい問題が多い。量も多い。時間は短い。処理能力に長けた学生を欲しがっているのがよくわかる。

手を止めてゆっくり考えている時間がないので考察の精度は低くなりがち。そのため「問題全部解いたのに思ったより点数がなかった」というのはよくある話。(京大は全部解けているとそれなりに点数があることが多い)

知識問題、典型考察問題は京大と比べると多い。それをいかに短い時間で終わらせるか、そしていかに多くの時間を考察問題に当てられるかが勝負。

字数制限がきついので、何を書くかの判断もシビア。

分野の偏りはあまり感じられない。問題が独立していることが多いからか。

 

続きます。

 

参加してます。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

予備校選びについて その③

こんにちは。

引き続き予備校選びについて語ります。

 

 

<自己管理能力について>

毎年センター試験の日には有名な某コピペを目にしますが、あれを実際にやってしまうくらいに自己管理能力の欠如している人は存在します。

まぁセンター試験をすっぽかすのは(ニュースでも取り上げられたりするので)なかなかないと思いますが、やりがちなのは願書の出し忘れですね。特にセンターの願書出し忘れは悲惨です。問答無用でもう1年です。

少しでも受験関連の日程の管理に自信がない方は必ず予備校に行くようにしましょう。とりあえず予備校に通っておけば、少なくともホームルーム(のようなもの)にだけは参加するようにしておけば、願書の出し忘れなどの致命的なミスは防ぐことはできます。

 

 

<勉強する環境について>

予備校に行く大きな理由の一つに、自習室が使える、ということが挙げられます。実際私も自習室を使いたかったため、自宅から一番近い予備校に通うことを選びました。

予備校の自習室はどんな感じかというと、

 

・大変静か。静かすぎてペンの音が響く

・飲み物はオッケーなところが多い。食べるのは大体ダメ

・イヤホン禁止のところが多い。一部オッケー

・もちろん寝るのもダメ、スマホもダメ

・常にそれなりの数の人がいる

 

大体こんな感じです。

ところで、私は常にどんな環境で勉強していたかというと、ステレオでエンドレスに音楽をかけながら、おやつをつまんでお茶を飲み、常に複数の参考書をバタバタ開いては閉じ、たまに家族と喋る……という、自習室に一切向いていない勉強スタイルでした。当然、予備校の自習室に行っても息が詰まるだけで全く捗らず、2時間も持たずに帰ってました。(笑)

予備校やその他の受験産業では、あたかも静かに黙々と勉強することこそが真の勉強かのように言われておりますが、実際そんなことはないです。大きな独り言を延々と呟いていても、貧乏ゆすりを延々としていても、自分で頭と手を動かしていればそれは立派な勉強だと思います。ただし、模試や受験など、公共の場で問題を解く時は他の人の迷惑になるので、必ず静かに大人しく問題を解きましょう。貧乏ゆすりダメ絶対。

 

 

<K合かS台か>

世間ではテキストの河合、授業の駿台などと言われているらしいですが、どちらに行っても大した違いはないと思います。というかテキストあっての授業、授業あってのテキストなのでは??

とはいえ予備校ごとに雰囲気は違うので、必ず一度は見学に行って、自分の目で見てみるようにしましょう。浪人する友達がいる場合は、その友達と相談してみるのもありでしょう。

 

 

これで予備校選びについて書きたいことは一通り書きました。

気が向いたらまた追記すると思います。

浪人生活が少しでも実り多きものになることを願っています。

 

参加してます。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村